自家用車

車買取を決めたら相場の調査から|お得に取引

プリメーラの魅力とは

自動車

プリメーラの基本情報

製造・販売期間中、2度のフルモデルチェンジが行われたプリメーラは今でも絶大な人気を誇っています。基本的にボディタイプは4ドアセダンなのですが、5ドアハッチバックやステーションワゴンもラインナップされていました。現在、プリメーラの中古車市場の相場は、初代が50万円程度、2、3代目が30万円程度となっています。いずれにせよ、比較的買い求めやすい車だと言えるでしょう。ただ、初代は1995年、2代目は2001年に製造・販売が終了している古い車なので、初代、2代目の中古車市場の流通台数は非常に少なくなっています。もっとも、3代目も製造・販売終了から10年経過していることから決して新しい車ではないので、全体的に中古車市場の流通台数は少ないと言えます。

高いコストパフォーマンス

プリメーラの中古車を買うメリットは、やはり経済性だと言えるでしょう。但し、単に価格が安いということではなく、コストパフォーマンスに優れていると言った方が良いでしょう。初代は、ある意味、画期的な車でした。排気量1.8L、もしくは2.0Lエンジンの4ドアセダンといえば、当時は典型的なファミリーカーでした。しかし、プリメーラは、装いはそうであっても、スポーツ走行が楽しめる、どちらかと言えば若者向けの車だったのです。事実、初代はレースでも活躍しています。そして、その精神は、2代目にも受け継がれています。つまり、初代、2代目のプリメーラを入手すれば、安価でスポーツ走行を楽しめるのです。居住性も十分ですので、実用的です。3代目になり、プリメーラはサイズが大きくなったことからスポーツ性は失われます。但し、居住性や安全性は向上します。従って、中古の3代目プリメーラは、安価でありながらも、機能的には十二分なファミリーカーなのです。